光回線サービスで通信速度を上げる3つの方法をご紹介

いざ光回線で開通したとして思ったよりも通信速度が遅くてがっかりしたことはありませんか?

もともと、大半の光コラボレーションサービスはNTTからの光回線サービス(フレッツ光)を利用しているため、提供している品質はほぼ同じです。
例えるならば、同じ工場で出来た製品を色と名前を変えてそれぞれ売り出しているようなものです。そしてベストエフォート方式であるため、均一のパフォーマンスを提供することは難しいのが現状です。
このベストエフォートとは、性能を明確に保証せずに、『最大限の努力』を提供することを約束する、という意味です。

なぜこのような形態をとるのかというと、回線速度は周囲の立地条件、インフラ設備の有無、利用者の数などの周囲の環境に大きく依存するためです。
そのため、はっきりと「速くなる」かどうかはやってみないとわからない、としか言えないのが光回線サービスの現状なのです。
光コラボレーションサービスが始またときはこのようなことを知っている方は少なかったので、いざ期待して開通したのに思っていたよりも遅くなってしまう、というクレームが消費者センターにも記録されています

そして、光回線の通信速度が遅いと感じる原因は光回線そのものではないことがあります。それは、「自宅内のネット設備による速度低下」というケースです。

つまり、光回線自体はきちんと機能していても、ご利用中の接続機器の規格が古い、環境の変化により上手く機能していない、等の原因により、せっかくの通信速度を著しく制限されてしまう、というケースです。

原因が周辺機器である場合、どんな光回線を選んでも速度は遅くなってしまいますので、解約して新しいインターネット回線を探す前に、周辺機器が原因でないかチェックしてみましょう。

今回ご紹介する方法は具体的なのですぐにでも確認できるのでお気軽にお試しできます。特に最初にご紹介するものは通信速度を左右する大きな原因であり、そしてそれはソフトバンク光ではおなじみの「おうち割光セット」をお申し込みする方には避けて通れない問題でもあります。

それは一体何だと思いますか?

その1株式会社エヌズカンパニーキャンペーン特典の無線LANルーター

前述のようにインターネットの回線の遅さの原因は様々ありますので、明確な答えを出すことは出来ませんが、特に速度に原因するものとして、無線LANルーターが上げられます。

無線LANの規格は、
  • IEEE802.11a
  • IEEE802.11b
  • IEEE802.11g
  • IEEE802.11n
  • IEEE802.11ac
の5つが現在流通しています。

規格の最後のアルファベットがそれぞれ種類を表していて、一番末のもの「ac」タイプが最新となります。光通信を使用する場合、この規格が「n」もしくは「ac」であることが望ましいです。
「n」だと理論上の最大速度は450Mbps程で、光回線を利用するならばこれくらいの速度があれば十分。「ac」であれば、理論上はギガビット単位での通信が可能になる最新規格となります。

その前提をふまえるとソフトバンク光を考えているお客様にとっては実はひとつ大きな問題があります。

  • 「おうち割光セット」で必須オプションとなっている「光BBユニットレンタル」では3種類のルーターの中から自動的に選ばれます。ですが、この中で「IEEE 802.11ac」対応のものは1つしかありません。通信速度1Gbpsに対応しているのはE-WMTA2.2および2.3となりますが、「IEEE802.11ac」対応しているのはE-WMTA2.3のみとなります。
    また、この3種類を任意で選ぶことはできません。
    また、月額利用料金がBBユニット(467円)、そしてWi-Fiマルチパック(990円)がかかります

  • 光BBユニットの仕様一覧
    光BBユニットの仕様一覧
    無線LAN規格がIEEE 802.11b/gとなっている

※:「おうち割光セット」3つの必須オプションを「光BBユニットレンタル」「Wi-Fiマルチパック」「固定電話」まとめてお申し込みしていただくと、月額料金500円~となります。詳しくは「【ルーター・Wi-Fi・光電話】ソフトバンク光の「おうち割光セット」の3つの必須オプションがダンゼンお得!!」をご覧ください。

なら、ソフトバンク光でルーターレンタルしたら遅くなっちゃうの? と思ってしまったお客様にぜひ利用してほしいものがあります。それが、株式会社エヌズカンパニーのオリジナルキャンペーン
新規お申し込みの方には、以下の特典 AまたはBを進呈しています。お好きな特典をお選びいただけます。

申込方法 特典種類 キャンペーン特典
新規申込 特典A 24,000円 キャッシュバック
特典B 20,000円 キャッシュバック+次世代高速無線ルーター
または
20,000円 キャッシュバック+無線LAN中継機
他社転用申込 - 11,000円 キャッシュバック

特におすすめしたいのは、特典Bの無線LANルーター。
高速無線LANルーターなので、光回線での利用にピッタリの特典です。

高速Wi-Fi規格であるIEEE802.11ac(最大転送速度866Mbps)を持ち、従来の11nに比べ約2.8倍(理論値)の高速転送速度を実現しています。また、従来規格11n/a/g/bも対応しています。

詳しい仕様については「次世代高速無線ルーター」にてご紹介しておりますので、ぜひ興味のある方はご覧ください。

また、ご自身で高速無線LANルーターをお持ちの方に、さらに速度を上げたいと思うお客様がいらっしゃいましたら、ぜひこちらもご覧ください。

その2LANケーブルは適切な規格をしているかチェックしよう

上記では無線LANルーターについてご紹介しましたが、速度を左右する要因はもちろんそれだけではありません。具体的に確認する方法をいくつかご紹介するので、こちらもご参考ください。

  • 通信速度があがるにつれてLANケーブルもどんどん規格が新しくなっています。
    LANケーブルの規格は「カテゴリー」という名前です。一般的に流通しているLANケーブルのカテゴリーは「5」「5e」「6」で、数字が大きくなるほど速い通信速度に対応できます。

  • イメージ画像 LANケーブル
    カテゴリー5eLANケーブル

LANケーブルは光回線でも十分対応できる「5e」「6」がよいでしょう。それ以下ですと十分なパフォーマンスを発揮できませんし、それ以上でも過剰な性能となりますので意味がありません。

LANケーブルの
種類
通信速度 推奨度
CAT5
カテゴリー5
100Mbps
CAT5e
カテゴリー5e
1Gbps
CAT6
カテゴリー6
1Gbps

その3パソコンのこまめな最適化やLANポートをチェックしよう

もちろんパソコンも日々仕様が更新されています。ですが、そう易々とホイホイ替えられませんよね。
デフラグや電源の入れなおしなどで回復する可能性がありますので、その方法をご紹介したいと思います。

  1. LANポートの規格の確認方法

    使用しているPCにはLANケーブルをつなぐ「LANポート」があります。そのLANポートが高速通信に非対応だと期待どおりのスピードがでていない事があります。

    手元に取り扱い説明書がある場合

    仕様一覧のLANの部分に「1000BASE-T」という規格が記載されていればOK。BASE-Tの前につく数字が10~100等だと高速通信非対応です。

    PCから確認する場合

    コントロールパネルの「ネットワークと共有センター」の中から、「アダプターの設定の変更」→「ローカルエリア接続」を確認する。ここに「1000BASE-T」や「Gigabit」の表示があればOK。

  2. PCのハードディスクを最適化する

    PCは日々使用しているとどうしてもファイルの断片化が起こります。これはチリも積もればでどんどんPCの速度や能力に悪い影響を及ぼしますので、「デフラグ」という断片化を解消(最適化)する機能を使って速度向上を図ります。

    手動デフラグ手順
    • 「スタート」→「コントロールパネル」の順にクリックします。
    • 「コントロールパネル」が表示されます。「表示方法」が「カテゴリ」になっていることを確認し、「システムとセキュリティ」をクリックします。
    • 「ハードドライブの最適化」をクリックします。
    • 「ディスクデフラグツール」が起動します。「現在の状態」欄からデフラグしたいハードディスクドライブをクリックし、「ディスクの最適化」をクリックします。(まずは「C」ドライブの指定からデフラグを行って下さい。)
    • デフラグを実行したディスクの「進行状況」欄に状況が表示されるので、終了するまでしばらく待ちます。
    • デフラグが完了すると、「進行状況」欄の表示が消え、「最後の実行」欄に実行日時が表示されます。表示内容を確認して、「閉じる」をクリックします。

光回線サービスで通信速度を上げる3つの方法をご紹介 まとめ

意外と知られていないけれど光回線を開通してもそれだけでは片手落ちなこともあります。せっかくの光通信も設備が整っていないと宝の持ち腐れ……なんて事態に陥ってしまうかも。

今回は速度を改善するためにできる具体的な方法をご紹介しました。
速度でインターネットにお悩みの方はLANケーブルやパソコンの最適化などはすぐにでも試しできるので試してみてはいかがでしょうか。もしそれでも改善されない場合は、株式会社エヌズカンパニーのオリジナルキャンペーンを利用して特典を活用してみてもよいかもしれませんね。

「ソフトバンク光徹底解説」関連記事

MENU