引越しするときソフトバンク光は新規?それとも転用?どちらがお得?

当社では引越しのタイミングで新しい光回線をご希望になる方が多いです。
そのとき、「引越しするときネットってどう処理すればいいの?」とお困りの方が結構いらっしゃいます。

実はあまり知られていませんが、引越しのときは「転用」もできるんです。もちろん「継続利用」や「解約して新規にお申し込み」もできます。あなたにとって最もメリットがある方法を選択すれば良いのです。

と、言ってもどれが一番お得か、なんてすぐには分かりませんよね。
今回は引越しの際に選ぶ3つの対処法のメリット・デメリットを上げていきますのでご希望に沿ったものを選んでいただければ、と思います。

引越しして継続利用

ソフトバンク光のサービスにはに満足していて、この先もずっと利用して行きたいと考えている人はぜひそのままご継続ください。「ショップで受付可能」「おうち割 光セットの継続可能」「今なら工事費がお得」のメリットもありますので、お気軽にご利用ください。

お引っ越し先でもそのままSoftBank 光がご利用いただけます! メリット01 ショップで受付ができる!※1 メリット02 おうち割 光セットはそのまま継続! メリット03 今なら工事費※2が オトク!
SoftBank 光 引っ越しのお手続きの3つのメリット

また、「SoftBank 光も一緒に引っ越しキャンペーン」が開催中。
ソフトバンク光のお引越し工事費が最大9,000円とお安くなります。

SoftBank 光も一緒に引っ越しキャンペーン

キャンペーン開始日:2016年12月1日(木)から
以下の条件をすべて満たしたお客さまは、SoftBank 光のお引っ越し工事費が最大でも9,000円となります。

  • 現在「SoftBank 光」をご利用中のお客さま。
  • キャンペーン実施期間中に、以下1~4の条件を満たしたお客さま。
    • お引っ越し工事費を一括にてお支払いいただくこと
    • SoftBank 光の引っ越し手続きをすること
    • お引っ越し手続き日から引っ越し先の工事完了日が180日以内であること
    • お引っ越し先の住所が決まっており、住所変更をともなった引っ越しであること

引越しして転用

NTT東日本・NTT西日本の提供しているフレッツ光をご利用のお客さまが、光コラボレーション事業者が提供する光回線サービスに契約変更することを「転用」とます。
簡単に言うと「フレッツ光からソフトバンク光に乗り換えること」です。

転用は、メリットとして撤去工事や初期工事をすることなく新しくソフトバンク光に変更できるということがあり、違約金は免除されます(手数料2,000円は必要)。

※:光コラボレーションとは、光コラボレーション事業者がNTT東日本・NTT西日本のもつ光ファイバー回線を借り受け、独自サービスを組み合わせてエンドユーザーたちへ提供する光回線サービスのことです。ソフトバンク光もその中のひとつとなります。

引越しで転用あつかいになる場合

意外と知られていませんが、引越しの地域によって転用あつかいになるか、新規お申し込み扱いになるかが変わります。 引越し先が同じNTTエリア内であれば、解約することなく転用として取りあつかってもらえます。同じNTTエリアでない場合は、そのままフレッツ光を継続利用したとしても一度解約して再契約しなければなりません。

フレッツ光の移転先対応
移転前 移転後 対応
東日本 東日本 転用扱い
西日本 西日本
東日本 西日本 新規扱い
西日本 東日本

転用のメリット

  • 工事をすることなく契約先を変更するため費用があまりかからない
  • フレッツ光から転用するさいには光回線サービスの違約金は発生しない(※プロバイダサービスは別)
  • 手続きが簡単で手軽に利用できる

転用のデメリット

  • 新規での申し込みよりキャンペーン特典の内容は少なくなる

フレッツ光からソフトバンク光に変更する場合、「転用」の方が断然お得です。
もしフレッツ光から変更するだけなら転用をおすすめします。転用するなら楽に手続きが完了しますし、特に工事も必要ないのですぐにインターネットを利用できるからです。

ですが、引越しして転用する場合、状況がちょっと変わります。「工事をする必要がない」というメリットは引っ越しするので当然当てはまりません。引越し先によっては、撤去工事や初期工事などが必要になるでしょう。

引越しして転用のメリット

  • フレッツ光から転用するさいには光回線サービスの違約金は発生しない(※プロバイダサービスは別)

引越しして転用のデメリット

  • 新規での申し込みよりキャンペーン特典の内容は少なくなる
  • 工事が必要になるので費用がかかる

引越しして解約・新規登録

引越しして「解約・新規登録」を選ぶと「新規登録をしたほうがお申し込みキャンペーン特典が豪華になる」というのはご存知でしょうか。
また、デメリットとしては「工事費がかかる」ということや、「更新月以外での解約には違約金が発生する」などがあります。サービスによって違約金の金額は変わります。

例1フレッツ光「にねん割」の違約金

利用期間の途中(「更新月」を除く)でフレッツ光を解約された場合、「にねん割」の解約金(戸建て向けサービスの場合9,500円、集合住宅向けサービスの場合1,500円)をお支払いいただきます。

例2ソフトバンク光「2年自動更新プラン」の違約金

契約期間内に解約のお申し出がなかった場合、さらに2年間を契約期間として更新します。契約満了月以外で解約した場合、9,500円の解除料が必要です。

解約・新規登録のメリット

  • 「転用」より「新規」の方がキャンペーン特典内容が優遇されている
申込方法 特典種類 キャンペーン特典
新規申込 特典A 28,000円 キャッシュバック
特典B 24,000円 キャッシュバック+次世代高速無線ルーター
または
24,000円 キャッシュバック+無線LAN中継機
他社転用申込 - 13,000円 キャッシュバック

解約・新規登録のデメリット

  • 自動更新プランで月額料金を割引している場合、更新月以外に解約すると違約金が発生する
  • 工事が必要になるので費用がかかる

引越しするときソフトバンク光は新規?それとも転用?どちらがお得? まとめ

それぞれの特徴をご理解いただけたでしょうか?それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

通常の転用と引越しの際の転用の比較

引越しして「転用」を選んだ場合、最大のメリットである「工事をせずにそのままインターネットを利用できる」が引越しをするとなくなってしまいます。またどちらの「転用」でもこの「違約金は発生しない」というメリットは変わりません。(※プロバイダサービスは別)

  メリット デメリット
転用
する場合
  • 工事をすることなく契約先を変更するため費用があまりかからない
  • フレッツ光からソフトバンク光に『転用』する場合、違約金は発生しない(※プロバイダサービスは別)
  • 手軽に手続きできる
  • 「転用」より「新規」の方がキャンペーン特典内容が優遇されている
引越して転用
する場合
  • フレッツ光からソフトバンク光に『転用』する場合、違約金は発生しない(※プロバイダサービスは別)
  • 工事が必要になるので費用がかかる
  • 「転用」より「新規」の方がキャンペーン特典内容が優遇されている

引越しの際の対応のメリット・デメリット

それでは、もし引越しをしたときに「転用したとき」「継続利用したとき」「解約・新規登録したとき」ときにどのような先ほどのメリット・デメリットはどのように変化するでしょうか? 比較してみましょう。

  メリット デメリット
フレッツ光を
継続利用
する場合
特になし 工事が必要になるので
費用がかかる
引越して転用
する場合
  • フレッツ光からソフトバンク光に『転用』する場合、違約金は発生しない(※プロバイダサービスは別)
  • 工事が必要になるので費用がかかる
  • 「転用」は「新規」よりも特典内容が冷遇されている
解約・新規登録
する場合
「転用」より「新規」の方がキャンペーン特典内容が優遇されている
  • 工事が必要になるので
    費用がかかる
  • 更新月以外に解約すると違約金がかかる

引越しをするため、引越し先によっては移転前(引越し前)に撤去工事及び移転後(引越し後)の初期工事が必要になります。そのため転用といえども工事する必要があります。そのうえ「転用」より「新規」の方がキャンペーン特典内容が優遇されているため、転用は「違約金が発生しない」以外はあまりお得ではありません。

申込方法 特典種類 キャンペーン特典
新規申込 特典A 28,000円 キャッシュバック
特典B 24,000円 キャッシュバック+次世代高速無線ルーター
または
24,000円 キャッシュバック+無線LAN中継機
他社転用申込 - 13,000円 キャッシュバック

また、ソフトバンク光新規お申し込みいただくと「あんしん乗り換えキャンペーン」が適用します。

これは、「他社回線の違約金・撤去工事費相当額を満額還元」してくれる公式キャンペーンです。
そのため「引越しして解約・新規登録」の「工事費がかかり」「違約金がかかってしまう」デメリットを解消してくれます。ソフトバンク光への乗り換えのさいはぜひご活用くださいね!

引越しの際のそれぞれのメリット・デメリット比較した結果

同じNTTエリアであれば引越ししても転用はできますが、引越し先によっては「工事をせずに乗り換え」はできません。 そうするとほとんど転用するメリットがなくなります。

そして新規乗り換えは①新規お申し込みでもらえるキャンペーン特典の方が豪華であること②ソフトバンク光なら「あんしん乗り換えキャンペーン」を適用すればデメリットである工事費も違約金も補てんできる、というメリットがあります。

よって、『ソフトバンク光では転用よりも新規でお申し込みした方が確実にお得!!』ということになります。

当社キャンペーンの特徴として①最短2カ月後に現金振込し、お申し込み電話時に担当オペレータが電話口でお振込口座番号をお聞きして申請が完了する②シンプル手続きであること。そして、③オプション加入条件一切なしなのでネット回線のみのお申し込みでもばっちり適用されますので当社でお申し込みすれば確実にキャッシュバックは進呈されるということです。
お申し込みのさいは、安心してお申し込みいただけますのでぜひ当社キャンペーンをご利用ください。新規の方はもちろん転用の方も特典をご用意しております。

「ソフトバンク光徹底解説」関連記事

MENU