ソフトバンク光のキャンペーンで使われている普通為替の換金方法

ソフトバンク光キャンペーンで特典として使われる方法は何種類かあります。

パターン1通常の月額料金から毎月一定の額を還元する方法
おうち割光セット」「おうち割光セットスタートキャンペーン」「ソフトバンク光西日本限定1,000円×12ヵ月値引き(光乗換)」など
パターン2換金可能な商品券などをご住所の送付する方法
ソフトバンク光乗り換え新規限定2.4万円キャンペーン
パターン3普通為替を発行しご住所に送付する方法
秋の2万円キャンペーン2017※ キャンペーンは終了いたしました。」「ソフトバンク光乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーン

このような方法がありますが、上記1、2については問題ありません。
1の場合は、月額料金の明細書に割引額が記載されますのでご確認いただけます。2の場合は、ご自宅に送付されますので商品券を直接ご利用ください。3の場合は、ご自宅に「普通為替」が送付されますのでそれを換金する必要があります。今回はその普通為替の換金方法をご紹介します。

SoftBank 光 公式キャンペーン キャンペーン詳細
SoftBank 光 乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーン キャンペーン詳細コラムはこちら
おうち割 光セットスタートキャンペーン キャンペーン詳細コラムはこちら
西日本限定 1,000円×12ヵ月値引き(光乗換) キャンペーン詳細コラムはこちら
SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン キャンペーン詳細コラムはこちら

当社SoftBank 光サイト内のキャンペーン情報ページはこちら

普通為替証書の換金方法について

普通為替証書のお金を受け取るには、お近くのゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口に普通為替証書をお持ちください。その証書と引き換えに表示された金額の現金をお受け取りいただけます。

普通為替の換金に必要なもの
  • 普通為替証書
  • 印鑑
  • 本人確認書類※1(取り扱い金額が10万円を超える場合)
注意事項
  • 普通為替証書の有効期間は発行日から6か月です
  • 有効股間が経過した場合は、為替証書の再発行のご請求が必要となります
  • 為替証書の再発行または替金請求が発行日から5年間の間にない場合、受取人は為替金を換金できなくなります

※1 本人確認書類とは、氏名、住所、生年月日が記載されている公的書類のこと。運転免許証、身体障害者手帳、パスポート、乗員手帳、マイナンバーカード、写真付きの公的証明書類等になります。
下記の場合※2は、追加で他の証明書類をご提示いただくか、または通帳等を後日ご本人様の住所へ簡易書留郵便等によりお届けします。

※2 顔写真のない証明書類:各種保険証、国民年金手帳、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書、母子健康手帳(母および子の場合)

普通為替証書の記入例

普通為替の換金のさいは、受取人が普通為替証書の氏名住所を記入、押印うえ、ゆうちょ銀行もしくは郵便局等に提出してください。事前に準備しておきましょう。

普通為替証書見本
普通為替証書見本

普通為替の再発行

為替証書が汚染され若しくはき損されたため、記載事項が分からなくなったとき又は為替証書の有効期間である6か月が経過したときは、受取人は郵便局の請求書に必要事項を記入し、元の為替証書を添えて、為替証書の再交付の請求をすることができます。

定額小為替証書を失った場合においては、当該定額小為替証書の有効期間内は、為替証書の発行及び交付は行いません。なお、手数料はかかりません。

  • 普通為替証書または再交付請求書(有効期間経過、汚損、き損)
  • 印鑑
  • 本人確認書類
  • (代理人に手続を委託する場合)委任状※

※ 再発行の際、代理人に委託する場合、委任状を提出する必要があります
委任状のテンプレートはこちら 委任状の記載例はこちら

ソフトバンク光のキャンペーンで使われている普通為替の換金方法まとめ

ソフトバンク光のキャンペーンで特典として利用される普通為替証書は、あまり使う機会のない方もいるかもしれません。
実際に届いた後、どうすればいいのか迷ったときにこの記事を思い出していただければ幸いです。

発行から6か月以上経つと再発行しなくてはなりませんので、ご注意ください。換金に時間がかかります。ただし手数料はかかりませんので、時間がたっていてもあきらめずにトライしてみてくださいね。

「ソフトバンク光徹底解説」関連記事

MENU