ソフトバンク光開通前レンタルのAirターミナルで簡単ネット接続


ソフトバンク光が利用できるようになるまでには、お申し込みから2週間から4週間程度かかります。引越しシーズンなどの繁忙期であればもう少し時間がかかってしまう可能性もあります。このような時「開通までのあいだネットができないなんてイヤだ!」という方もいると思います。

ソフトバンク光では、このようなユーザーさまの声に応えるために「ソフトバンク光開通前レンタル」というインターネット接続機器の貸出サービスを実施しています。通信料・接続機器レンタル料共に無料でインターネットに接続できます。このサービスがあれば、ソフトバンク光の回線が開通するまでの間であっても、調べ物やネットショッピング、動画視聴だって思う存分楽しめますよ!

開通前レンタルの詳細については、前回の記事「回線開通までの不便を解消!引越し先のネットは開通前レンタルのあるソフトバンク光がベスト」をご覧ください。

「接続機器をレンタルしてくれるとしても設定とか面倒なんじゃないの?」と思いますよね。ご安心ください。ソフトバンク光開通前レンタルで用意している接続機器は、かんたん設置・かんたん設定で定評のある「Airターミナル2」です。それでは、Airターミナル2のかんたん設置・かんたん設定を確認してみましょう!

Airターミナル各部の名称と役割

Airターミナル2は、高さ20cm、幅・奥行き10cm程度の小さくてシンプルな機器です。コンパクトサイズなので設置場所に困るようなこともありません。Airターミナルの表面は、状態を表すランプが付いています。裏面は、電源やLANの差込口となっています。

Airターミナルの表面

1. 電波状況ランプ
2. レベルボタン
ボタンを押すと電波状況を確認できます。
3. ランプ
Airターミナルの動作状況を表すランプです。

Airターミナルの裏面

1. WPSボタン
WPS機能対応端末のWi-Fi設定時に利用します。1〜2秒程度押すと、AirターミナルのWi-Fiランプが点滅します。
2. 使用しません
3. LANポート
LANケーブルで接続をする場合に利用します。
4. 電源アダプター差込口
付属の電源アダプターを差し込みます。

Airターミナルなら、かんたん配線!

Airターミナルは、電源アダプターをつないでコンセントに差し込むだけの簡単設置です。複雑な配線も不要なので面倒がありませんよ!

しばらくすると、ランプが点灯したり消灯します。5つのランプが全て緑色に点灯すれば正常です。これで設置・配線・起動は完了です。

Airターミナルなら、かんたん接続設定!

Airターミナルなら接続設定も簡単です。Airターミナルは、Wi-Fi(無線)接続とLANケーブル(有線)接続どちらにも対応しています。

Wi-Fi(無線)で接続する

ネットワーク名と暗号キーの手動入力

Airターミナル側面ラベルに記載されているネットワーク名(SSID)と暗号キー(PSK-AES)を確認し、接続端末側のWi-Fi設定に確認した情報を入れ込むだけの簡単設定です。

iPhoneなら【 設定 → Wi-Fi → 該当ネットワークをタップ → 暗号キーの入力 】

Androidなら【 設定 → Wi-Fi → Wi-FiをON → 該当ネットワークをタップ → 暗号キーの入力 】

WPS機能で自動接続

ご利用の端末がWPS機能に対応している場合、以下の手順でも設定できます。

1. WPSボタンを押す

Airターミナル背面のWPSボタンを1〜2秒押すと、正面のWi-Fiランプが点滅します。

WPS機能による設定では、WPSボタンを1〜2秒押すと5GHz帯を利用した接続になり、5秒以上押すと2.4GHz帯を利用した接続になります。

2. 接続機器側のWPSを開始して接続完了

Wi-Fiランプが点滅している間に、接続したい機器側のWPSを開始すると接続完了します。端末側のWPS開始方法は各端末の説明書をご確認ください。

有線で接続する

付属のLANケーブルでAir ターミナルとパソコンなどの機器を接続してください。

さいごに…

ソフトバンク光開通前レンタルサービスで貸し出されるAirターミナル2は設置も接続も驚くほど簡単なので手間も面倒もありません。ソフトバンク光の回線開通までのインターネット接続環境をしっかりサポートしてくれますので、ソフトバンク光のお申し込み時に開通前レンタルの申し込みも同時にしておきましょう!

「ソフトバンク光徹底解説」関連記事

MENU