ソフトバンク光の通信速度と接続環境の最適化方法

ソフトバンク光インターネットサービスの利用を検討している人は、利用料金や通信速度について気になっていると思います。利用料金についてはこちらの記事(検討者さん必見!ソフトバンク光の利用料金をまとめてみました)をご覧ください。今回は、ソフトバンク光の通信速度について書いてみたいと思います。

ソフトバンク光の最大通信速度とは?

ソフトバンク光という光回線は、他社光回線と比べて「速いのか?遅いのか?」と気になりますよね。簡単に言ってしまうと光回線の最大通信速度はどのインターネットサービスを利用してもほぼ同じです(一部サービスに通信速度の理論値が倍のものがありますが、提供されるONU付ホームゲートウェイのLANポート規格が対応していないため実質他社回線と差がないといえます)。ソフトバンク光は、NTT東日本・NTT西日本の光ファイバー回線(フレッツ光)を使用して独自のインターネットサービスとして提供しています。これを光コラボレーションモデルといいます。

一部の光回線サービスを除く多くの光回線サービスが、この光コラボレーションモデルでサービス提供を行っているため、通信速度・品質はまったく同じなのです。最大速度は、ベストエフォートで概ね1Gbpsです。ベストエフォートとは、性能に関して明示的な保証をせずに、最大限の努力サービスを提供する形態のことです。ソフトバンク光の通信速度に「最大」が付いている理由は、回線タイプによって通信速度が異なるためです。ソフトバンク光には、下表の回線タイプがあり、それぞれ速度が異なります。

エリア 回線タイプ 通信速度
東日本 ギガ・スピード 1Gbps
ハイスピード 200Mbps
ファミリー/マンション 100Mbps
ファミリー・ライト 100Mbps
西日本 スーパーハイスピード 1Gbps
ハイスピード 200Mbps
ファミリー/マンション 100Mbps
ファミリー・ライト 100Mbps

※ 光BBユニットレンタルの場合、IPv6高速ハイブリッド(IPv6 IPoE+ IPv4)対応で下り最大1Gbpsで提供。

ソフトバンク光は速い?遅い?

ソフトバンク光の評判を聞くと「速い」という人もいれば「遅い」という人もいて参考にならないと思っている人も少なくないでしょう。ソフトバンク光の通信速度は、最大1Gbps(ベストエフォート)ですから、これに近い速度がでていれば「遅い」という評価は出ないはずですね。では、「遅い」という評判を見聞きする理由は何なのでしょうか? そこには2つの理由があるかもしれません。

1つは、回線タイプによって最大通信速度が異なることを認識していない場合です。ソフトバンク光の通信速度が全て1Gbps(ベストエフォート)だと認識している人が、回線タイプハイスピードで契約した場合、最大通信速度は200Mbpsですので、そこには800Mbpsもの差が生まれてしまい「ソフトバンク光は思っていたよりも遅い」という誤解が生じてしまうわけです。

もう一つは、回線タイプは1Gbps(ベストエフォート)を利用しているものの、その速度を引き出す環境を構築できていない場合です。光回線のような高速通信は、それに見合った通信規格で接続をする必要があります。たとえば、パソコンのOSやスペックが古すぎたり、LANポートやケーブルが高速通信の規格に対応していないと、1Gbps(ベストエフォート)の速度を出すことができません。高速通信規格に合わせて接続環境を整えたということがない場合、本来なら出せる速度を出せていない可能性が十分にあるわけです。

この2点が正しく認識され、接続環境が改善されるだけでも、ソフトバンク光の通信速度は「速い」という評判が増えることと思います。

最適な接続環境でソフトバンク光を利用しよう!

ソフトバンク光の最大通信速度1Gbps(ベストエフォート)を出すためには、自身のパソコンや接続環境を整える必要があります。逆をいえば、環境が整っていなければ、ソフトバンク光を利用しても高速通信ができないということです。では、どのような点に気を付ける必要があるのかを確認していきましょう。

パソコンとOSを見直そう!

ソフトバンク光の通信速度は、最大1Gbps(ベストエフォート)という十分すぎるほどの速さなのですが、接続するパソコンの処理能力が低かったり、メモリの容量が少なかったりすると、ブラウザの表示速度が遅くなる場合があり、インターネットを快適に利用できません。公式サポートの終了した古いOSを使い続けることも厳禁です。十分な処理能力とメモリを搭載したパソコンで接続するようにしましょう。場合によっては、光回線の高速通信を利用するためにパソコンを買い換える必要もでてきます。

セキュリティソフトなどの常駐プログラムを見直そう!

セキュリティソフトなどの常駐プログラムの起動が、通信速度の低下に影響している場合もあります。パソコンなどの接続端末とインターネット間のデータ送受信を常に監視しているセキュリティソフトの動作が通信速度を低下させる原因になる可能性もあるのです。常駐プログラムを複数起動している場合は、本当に常駐させる必要があるものかの見直しをしてみましょう。

無線LANルーターのファームウェアを見直そう!

無線LANルーターのファームウェアが最新でない場合も通信速度に影響がでる場合があります。ファームウェアのアップデートは、セキュリティの向上の他、性能改善のために定期的に配信されますので、最新の状態を保つようにしましょう。

パソコンやルーターのLANポート規格を見直そう!

ソフトバンク光の最大通信速度は1Gbps(ベストエフォート)です。この通信速度を受けるためには、LANポートの規格が「1000BASE-T」でなければなりません。「1000BASE-T」は、1秒間に1Gbps(ベストエフォート)のデータ量を転送可能にする規格であり、ソフトバンク光の1Gbps(ベストエフォート)を実現するための必須LANポートなのです。最新のパソコンの場合は、「1000BASE-T」のLANポートを備えている場合が多いのですが、旧式のパソコンの場合、LANポート規格も旧式の「10BASE-T」や「100BASE-T」である場合があります。「10BASE-T」や「100BASE-T」は、低速回線に対応したLANポートであり、通信速度が10Mbpsまたは100Mbpsまでしか出せません。有線接続で高速通信をしたい場合は、LANポートの規格を「1000BASE-T」にしましょう。

LANケーブルの規格を見直そう!

LANポートの規格を最適化したら、LANケーブルの規格も最適化しなければなりません。ソフトバンク光の1Gbps(ベストエフォート)プランを利用するには、LANケーブルの規格を「カテゴリー5e」「カテゴリー6」「カテゴリー6A」「カテゴリー7」の何れかにする必要があります。数字が大きいほど高速通信に対応しています。

無線LANの規格を見直そう!

有線接続の場合は、LANポートやLANケーブルを高速通信規格に最適化する必要がありました。無線LANで接続する場合は、無線LANの規格を「IEEE802.11ac」にする必要がります。その他の規格「IEEE802.11a」「IEEE802.11b」「IEEE802.11g」「IEEE802.11n」では、ソフトバンク光の1Gbps(ベストエフォート)を出すことが不可能なのです。

無線LAN規格 最大通信速度(理論値)
IEEE802.11a 54Mbps
IEEE802.11b 11Mbps
IEEE802.11g 54Mbps
IEEE802.11n 600Mbps
IEEE802.11ac 6,900Mbps

無線LANルーターを使ってWi-Fi通信を行い、ソフトバンク光の最大通信速度に近づけるためには、「IEEE802.11ac」規格に対応したルーターを購入するようにしましょう。

さいごに…

ソフトバンク光の速度が「遅い」といわれる場合は、回線タイプによる最大速度の違いを正しく認識していただくことと、高速通信用の環境最適化を実施してもらうことで解消できることが多いのですが、それでも解決できない場合は、プロバイダ側が原因の可能性がありますので「ソフトバンク光のサポートセンター」に相談してみましょう。

「ソフトバンク光徹底解説」関連記事

MENU