ソフトバンク光をWi-Fi接続すればスマホでも高速通信を定額料金で使い放題です!


スマホのデータ通信だけを利用することのデメリット

スマホのデータ通信はとても便利です。外出先でもインターネットを使って調べ物もできますし、メールやSNSだって問題ありません。外出中であってもインターネットに接続できるという便利さは、スマホのデータ通信を利用する大きなメリットです。しかし、便利なものを持つということには、デメリットもついてまわるものです。スマホのデータ通信のデメリットは3つあります。

データ通信速度が遅い

昨今では、スマホでしかインターネットを利用したことがないという人も少なくありません。スマホのデータ通信速度しか知らないのであれば、速い遅いの感覚にピンとこないかもしれませんが、スマホの体感速度はけっして速いとはいえません。現在のスマホの通信規格はLTE規格ですから、理論上の最高通信速度はダウンロードで100Mbps程度です。時間帯、周囲のスマホ利用者数に応じてパフォーマンスは極端に変化しますので実測値と理論値では大きな差がでます。外出時の一時的な利用という観点であれば許容範囲ともいえますが、自宅でくつろぎながら動画を観たり、ネットショッピングやオンラインゲームをする度に通信遅延などがあってはうんざりしてしまいますよね。

データ通信量に制限がある

スマホのデータ通信には通信量の制限があります。たとえば「5千円プランなら月々5GBまで利用可能」といったパック制のプランで管理されています。パックで制限されたデータ容量を超えてしまうと、通信速度の制限がかかり快適なインターネットからは程遠い低速通信となります。昨今のインターネット利用方法(動画配信サービスの視聴や高画質写真の豊富なネットショッピングサイト利用など)であれば、月に数十数百GBという大容量のデータ通信があたりまえですので、パックの上限に達するのはあっという間でしょう。我慢することなくインターネットを楽しむためには、データ通信量の制限解除が必要といえます。

データ通信料金が高い

データ通信料金の適正価格というものが利用者に納得できるかたちで明示されていないことが問題なのは一先ず置いておくとしまして、とにかく高いという印象が正直なところです。月に5GB程度のデータ通信量であっても5千円以上を請求されることがあたりまえになっていますが、健全な料金体系なのか?疑問が残るところです。何れにしても、スマホのデータ通信料金が月々の固定費を増大させていることは明らかです。

自宅でインターネットをするならソフトバンク光(光回線)

スマホのデータ通信によるインターネット利用は外出時に限定し、自宅では固定通信サービスをWi-Fi(無線LAN)で接続して利用します。このように使い分けをすることで月々の通信費を抑えることができます。自宅でスマホのデータ通信を使わなくて済むと、データプランを低額のものに変更することができるわけです。自宅でソフトバンク光(光回線)を利用するメリットは、データ通信量に制限がないこと、毎月定額で利用可能なことなので、スマホでインターネット接続する場合は、このメリットを積極的に活用するべきと言えます。光回線であれば、膨大なパケット通信を必要とする映画やアニメ、ドラマなどのコンテンツ視聴も、通信量と料金を気にすること無く好きなだけ楽しむことができるのです。

ソフトバンク光+スマホでどこでも快適インターネット

自宅のインターネット環境をソフトバンク光(光回線)にすれば、スマホでも光回線の恩恵を受けられるのでお得です。ソフトバンク光をWi-Fi接続で利用すれば、スマホのLTE通信よりも高速な通信が可能になりますし、パケット通信費が発生しないので経済的です。

Wi-Fi接続(無線LAN接続)とは

Wi-Fi(ワイファイ)とは、パソコンやスマホ、タブレット、ゲーム機などのネットワーク接続に対応した機器を、無線(ワイヤレス)でLAN(ローカルエリアネットワーク)に接続する技術のことです。つまり、ケーブル不要でインターネットに接続できるということです。

自宅でWi-Fiを利用するには、Wi-Fiルーター(無線LANルーター)が必要になります。Wi-Fiルーターとは、Wi-Fi対応機器(パソコン、スマホ、タブレット、ゲーム機 etc)と電波の送受信を行いLANとの仲介を行うための機器です。

Wi-Fiルーターはレンタル?購入?それとも…

Wi-Fiルーター(無線LANルーター)は、レンタルまたは家電量販店などで購入するのが一般的です。ソフトバンク光でもWi-Fi環境を構築するための有料オプションサービスを用意しています。レンタルの場合、利用している間は月額利用料が発生し続けるため、固定費を極力抑えたい人には向きません。

とはいえ、購入となるとどのWi-Fiルーターを選んだらよいかわからないかもしれませんね。そこで第三の選択肢をご検討ください。それは、当社ソフトバンク光キャンペーンの特典で進呈している次世代高速無線LANルーターを利用するというものです。

当社では、ソフトバンク光を新規にお申し込みしていただけたお客さまに、キャッシュバック(現金還元)と次世代高速無線LANルーターを特典として進呈しています。この次世代高速無線LANルーターを利用すれば、スマホのデータ通信を使うこと無く、スマホでも光回線を使うことができるようになります。

ソフトバンク光を選ぶメリットとは

自宅のインターネット環境をソフトバンク光にするメリットをまとめておきます。光回線サービスは他にも色々あるわけですが、なぜソフトバンク光なのか? それは、以下のメリットがあるからなのです。

初期工事費が実質無料

光回線を利用する場合、初めに回線工事があるのですが、この工事費が数万円します。ソフトバンク光ですと最大24,000円の工事費です。現在ソフトバンク光では、他社回線からの乗り換えや、転居者を対象にした「工事費実質無料キャンペーン」を実施しています。こちらのキャンペーンは、ソフトバンク光の工事内容に応じて、キャッシュバックまたは月額料金割引を進呈してくれるキャンペーンなのです。初期工事費の請求はされるのですが、相当額を進呈してくれるので実質無料になるわけですね。初期工事費の高さに申し込みを躊躇していた人にはとても嬉しいキャンペーンです!

代理店独自キャッシュバックキャンペーンの存在

ソフトバンク光を扱う正規代理店の中には、申し込み特典としてキャッシュバック(現金還元)や商品を進呈しているところがあります。特典内容や特典を貰うための条件は代理店毎に異なります、良心的な代理店からの申し込みであればとてもお得な特典を貰うことができます。ソフトバンク光正規代理店からの申し込みであれば、代理店独自キャンペーン特典の他、ソフトバンク光公式が実施しているキャンペーン特典も対象になるのでお得です。

当社もソフトバンク光を扱う正規代理店の一社であり、独自のソフトバンク光キャンペーンを実施しています。申し込みメリットの高い当社キャンペーンの特典内容は事項をご確認ください!

当社ソフトバンク光キャンペーンについて

ソフトバンク正規代理店の当社では、ソフトバンク光の新規・他社転用申し込みを対象とした「ソフトバンク光キャンペーン」を実施しています。

選べるキャンペーン特典とは

当社が行っているソフトバンク光キャンペーンの特典は、キャッシュバック、次世代高速無線LANルーター、無線LAN中継機です。ソフトバンク光の申し込み種別によって進呈する内容が異なります。

新規申し込み特典

ソフトバンク光を新規でお申し込みの方は、3つの特典から好きなものを選ぶことができます。選べる特典は、

  • キャッシュバック 28,000円
  • キャッシュバック 24,000円+次世代高速無線LANルーター
  • キャッシュバック 24,000円+無線LAN中継機

自宅のソフトバンク光(光回線)をスマホでも利用したい場合は、「キャッシュバック24,000円+次世代高速無線LANルーター」を選んでいただければ、Wi-Fi環境を無料で構築できるというわけです。キャッシュバック特典もついてくるので大変お得な特典かと思います。

次世代高速無線LANルーターは、パソコンの周辺機器メーカーとして人気のバッファロー社のものです。スマホ設定を簡単にするWi-Fi設定機能なども搭載された使い勝手の良いルーターをご用意しております。詳細は「BUFFALO製 次世代高速無線ルーター」をご覧ください。

他社転用申し込み特典

他社転用お申し込みの場合は、キャッシュバック13,000円のみです。

さいごに…

インターネットの人気コンテンツといえば動画視聴サービスでしょうか。たとえば、YouTubeやhulu、Netflix、Amazonプライムなどの人気サービスをストレス無く思う存分楽しむためには、大量のデータ通信が必須です。スマホのデータ通信でこれを賄うことは現実的ではありません。スマホのデータ通信のように「通信制限あり」「高額料金」では思う存分楽しむことなどできません。スマホのデータ通信が活躍する状況は、外出時のちょっとしたネット接続です。動画視聴のように大容量の通信が必要な場合は光回線の出番です。光回線であれば「LTE通信よりも高速」「通信制限なし」「定額使い放題」ですからインターネットの楽しみ方に制限を設ける必要がありません。自宅でもスマホでネット接続をするなら、パケットを消費しないWi-Fi接続(ソフトバンク光)でのご利用をオススメします。光回線をWi-Fi接続すれば、スマホでも高速通信を定額料金で使い放題ですからね!

「ソフトバンク光徹底解説」関連記事

MENU