ソフトバンク光の格安電話サービス3種が大人気!特長と料金を把握しよう

Photo : Author / David Photo Studio

インターネットサービスの申し込みと一緒に光電話サービスの申し込みも済ませたいと考えている人は少なくないでしょう。光電話といえば、月額基本料金の安さや距離に影響されない通話料金など、メリットの多さをよく聞くサービスです。ソフトバンク光にもオプションサービスとして格安の電話サービスが用意されています。ソフトバンク光の電話サービスの特長や料金をまとめてみましたので、インターネット回線と同時申し込みをお考えの人は参考にしてみてくださいね。

ソフトバンク光の格安電話サービスは3種類ある!

ソフトバンク光が用意している電話サービスは、「ホワイト光電話」「光電話(N)」「BBフォン」の3つです。それぞれに特長がありますので、ご自身の用途にあった最適な電話サービスを利用しましょう。

※ 表示価格はすべて税抜です。

ホワイト光電話とは?

ホワイト光電話とは、たくさん電話をかける方に断然おトクな固定電話サービスです。今お使いの電話番号をそのまま使用でき、緊急通報(110番、119番、118番)も可能です。インターネット回線と同時に申し込まれることが多い光電話サービスです。ホワイト光電話の特長や月額基本料金を確認してみましょう。

ホワイト光電話【基本プラン】の特長

  • 国内固定電話あての通話料が全国一律7.99円/3分
  • ホワイト光電話/BBフォン同士の国内通話料が24時間0円
  • ソフトバンク携帯電話との通話が24時間0円
  • ソフトバンク以外の携帯電話/PHSあての通話料が16円/分
  • 緊急通報(110番、119番、118番)可能

ホワイト光電話の月額基本料金

プラン名 月額基本料金
基本プラン 467円
基本プランα 943円
だれとでも定額 for 光電話 1,410円

※ 基本プランαとだれとでも定額 for 光電話は、下記5つの付加オプションが基本料金に含まれます。

便利なホワイト光電話オプションサービス

サービス名 月額基本料金 サービス内容
番号表示 400円 かけてきた相手の電話番号がわかる。
番号通知リクエスト ※1 200円 番号非通知の相手に自動音声で対応。
キャッチ電話 300円 通話中にかかってきた電話を受けられる。
着信転送 500円 かかってきた電話を設定してある電話番号へ転送する。
着信お断り 200円 迷惑電話を受信拒否できる。

※1 「番号表示サービス」のお申し込みも必要です。
※ オプションサービスは、ホワイト光電話と同時申込みの場合を除き、工事費(各1,000円)がかかります。

NTT一般加入電話の月額回線使用料が1,700円位ですので、ホワイト光電話にすることで基本料金は1/3以下に抑えられてとても経済的です。通話料は、距離や時間帯により料金が変動する一般加入電話にくらべ、ホワイト光電話は距離や時間帯に影響されない一律料金です。ホワイト光電話に変更するメリットは十分にあります。何より、ソフトバンク携帯電話・ホワイト光電話・BBフォンとの通話24時間0円が魅力的です。特定の相手との長電話が多い人は嬉しいサービスですね。

光電話(N)とは?

光電話(N)とは、NTTフレッツ光の「ひかり電話」をソフトバンク光に乗り換え(転用)てからも継続して使用したい人向けの固定電話サービスです。緊急通報(110番、119番、118番)も可能です。光電話(N)の特長や月額基本料金を確認してみましょう。

光電話(N)【基本プラン(N)】の特長

  • 国内固定電話あての通話料が全国一律8円/3分
  • 携帯電話あての通話料が16〜18円/分
  • 緊急通報(110番、119番、118番)可能

光電話(N)の月額基本料金

プラン名 月額基本料金
基本プラン(N) 500円
スマート基本プラン(N) 1,500円

便利な光電話(N)オプションサービス

サービス名 月額基本料金 サービス内容
番号表示 400円 かけてきた相手の電話番号を表示。
番号通知リクエスト 200円 番号非通知の電話をシャットアウト。
キャッチ電話 300円 通話中にかかってきた電話も受けられる。
多機能転送 500円 かかってきた電話を外出先の電話で受けられる。
着信お断り 200円 迷惑電話をシャットアウト。
着信お知らせメール 100円※1
1電話番号あたり
着信情報を指定のメールアドレスに通知。

※ スマート基本プラン(N)の場合、月額基本料金(1,500円/月)に含まれます。
※ 番号表示のご利用には、番号表示対応電話機が必要です。
※ 工事費が別途かかります。
※1 メールアドレスは最大5つまで登録可能(複数メールアドレスを登録しても料金は変わりません)。

光電話(N)は、フレッツ光でひかり電話サービスを利用している人が、インターネット回線をソフトバンク光に乗り換えた場合でも継続して利用できるようにした電話サービスですので、利用者はソフトバンク光を転用でお申し込みされた方に限定されます。電話サービスの特長からみても、光電話(N)よりもホワイト光電話のほうが優れていますので、電話サービスのご利用を検討しているのであれば、迷わずホワイト光電話を選択されると良いでしょう。

BBフォンとは?

BBフォンは、050からはじまるIP電話サービスです。固定電話をモデムにつなげるだけで、距離に関係なく一般電話あてなら全国一律料金で通話できます。BBフォン同士なら通話料0円です。

BBフォンの特長

  • 050からはじまる電話番号
  • ホワイト光電話/BBフォン同士の国内通話料が24時間0円
  • ソフトバンク携帯電話との通話が24時間0円
  • 国内一般電話/他社IP電話あての通話料が全国一律7.99円/3分
  • ソフトバンク以外の携帯電話あての通話料が20〜25円/分

BBフォンの月額基本料金

月額基本料金
BBフォン 0円

※ BBフォンをご利用いただく場合、 別途光BBユニットレンタル費用(467円/月)が発生いたします。

便利なBBフォンオプションサービス

サービス名 月額基本料金 サービス内容
ケータイ割30 300円 BBフォンから携帯電話への通話料金を通常料金より30%割引。
番号表示 300円 電話に出る前に相手の電話番号が電話機のディスプレイに表示される。
転送電話 300円 自宅着信電話を外出時でも他の電話番号で受けられる。

BBフォンは、通話料金の安さやBBフォン同士の通話が24時間0円という特長がありますので、毎日特定の相手と長電話をしたい人などの申し込みメリットが非常に高いといえますね。BBフォンの特長を最大限に活用できる用途のある方はぜひ申し込みをしてみましょう。

さいごに…

ソフトバンク光には「ホワイト光電話」「光電話(N)」「BBフォン」の3つの電話サービスがあることがわかりました。どの電話サービスもとても便利でお手頃な料金ですので、利用用途に最適な電話サービスを選択すると良いでしょう。

一般加入電話の開設・維持費の高さと比べて圧倒的に安い光電話/IP電話は、申し込み障壁が低く、月々の利用料負担が少なく、ユーザー満足度の高い電話サービスです。ソフトバンク光インターネットサービスと一緒に申し込むメリットは十分にあります。固定費の削減という視点から今一度検討してみるのも良いのではないでしょうか。

「ソフトバンク光徹底解説」関連記事

MENU