ソフトバンク光を移転先でも継続する3つのメリット

ソフトバンク光を移転先でも継続する3つのメリットソフトバンク光
ソフトバンク光を移転先でも継続する3つのメリット

引越しをすると片付けや新生活の準備でバタバタするものですが、そんな時に忘れてはいけないのが【インターネットの移転手続き】です。

現在ソフトバンク光を利用している方は、移転先でもそのまま同じように使い続けたいと考えている人が多いのではないでしょうか。

  • 今使っているソフトバンク光を移転先でもそのまま使いたいな
  • バタバタしているので手続きは簡単に済ませたい
  • 工事費や違約金はかかるのかな

そんな考えや疑問を持っている現ソフトバンク光ユーザーのために、ここでは「ソフトバンク光を引越し先でも継続利用する方法」を紹介します。

結論から言えば・・・

ソフトバンク光は無料で簡単に移転手続きができ、現時点で適用されている割引特典や利用中の機器も原則そのまま継続が可能です。

引っ越すからと言ってわざわざ契約しなおす必要がないため、無駄な時間がかかりません。

これから引っ越しを予定している方は是非参考にしてみて下さい。

おすすめ窓口
\失敗したくないならこの窓口!/

ソフトバンク光を移転先でも継続するメリット

ソフトバンク光は『移転手続き』が可能な回線ですので、わざわざ解約して新たに契約しなおす必要がありません。

そのメリットを3つにまとめました。

  1. おうち割光セットの割引を継続できる
  2. 移転先での開通工事費が無料になる
  3. 使い慣れた接続機器をそのまま利用できる

1つずつ見ていきましょう。

1.おうち割光セットの割引を継続できる

おうち割 光セット
引用:エヌズカンパニーキャンペーンサイト

ソフトバンク光を移転先でも継続利用すると、おうち割光セットの割引を継続できます。

「おうち割光セット」とは、ソフトバンク光とソフトバンクスマホ、またはY!モバイルスマホをセットにすることで、毎月スマホの月額料金割引が受けられるサービスです。

しかも、割引対象に出来るのは家族のスマホを含めて合計10台まで!

台数によってはかなり大きな割引となります。

おうち割光セットは、引っ越しして住所が変わっても、ソフトバンク光とソフトバンクスマホを利用している限り解除されることはありません。

2.移転先での開通工事費が無料になる

SoftBank光 お引っ越し工事費無料キャンペーン

2つ目は、『移転先での開通工事費が無料になる』ことです。

利用中のソフトバンク光を引っ越し先でも継続する場合、「お引っ越し工事費無料キャンペーン」が適用されるため工事費は一切かかりません。

実際に業者が伺って物理的な工事をおこなったとしても無料です。

光回線ではどうしても付きまとう回線工事費が、ソフトバンク光の移転手続きでは免除されるので、例えば引越しや転勤が多いご家庭などに向いています。

3.使い慣れた接続機器をそのまま利用できる

3つ目は、『使い慣れている接続機器を移転先でもそのまま使える』ことです。

ソフトバンク光で利用しているモデムやルーター(光BBユニット)などは、基本的に解約をしない限り返却不要で、移転先に持って行ってそのまま使うことになります。

配線や設定は再度行わなければなりませんが、新しい機器をまた借りたり購入する必要はありません。

ソフトバンク光の移転手続きに必要な費用

ソフトバンク光は移転手続きをすれば原則工事費は掛かりません。

派遣工事あり
※既設設備なし・光コンセントなし
26,400円(税込)
⇒0円
派遣工事あり
※既設設備あり・光コンセントあり
10,560円(税込)
⇒0円
派遣工事なし2,200円(税込)
⇒0円

ただし、それはあくまでも「インターネットの開通工事費」の話。

フレッツ光の東西エリアをまたいだり、オプションごと移転するようなケースでは諸費用が発生する可能性があります。

NTT東西のエリアをまたぐ場合3,300円(税込)
土日祝に工事をおこなった場合3,300円(税込)
光電話(N)を継続利用する場合ホームゲートウェイ(N)を利用中:2,750円(税込)
光BBユニットを利用中:1,100円(税込)
ホワイト光電話を継続利用する場合番号ポータビリティ解除あり:3,300円(税込)
番号ポータビリティ解除なし:1,100円(税込)
電話番号変更なし:1,100円(税込)
光テレビを継続利用する場合1台:13,200円(税込)
2~3台:26,400円(税込)
4台以降1台につき:5,500円(税込)

特に光電話や光テレビを移転先でもそのまま使いたい場合は注意が必要です。

ソフトバンク光を移転する際の手続き方法

続いて、実際にソフトバンク光を移転する時の手続きの流れについて説明します。

引越しや転勤の時は、どうしてもインターネット回線関係の手続きは後回しになりがちです。

ただ、引越し先でインターネットが使えるようになるまでは通常2〜3週間かかる事を考えると、早めにすすめていった方が良いでしょう。

特に、2~4月や9月の引越しシーズンに当たると光回線の工事も混み合うため、できれば引越し予定日の1ヶ月くらい前には手続きを開始するのがおすすめです。

ソフトバンク光を移転する時の手続きの流れ
  1. まずは移転先がソフトバンク光の対応エリアか確認しよう
  2. 移転手続きに必要な情報を揃える
  3. 引っ越し手続きを申し込む
  4. 回線撤去と新居での開通工事を行う
  5. 各種機器を接続して利用開始

1.まずは移転先がソフトバンク光の対応エリアか確認しよう

ソフトバンクの公式ホームページやNTTのエリア検索サイトにて、引っ越し先の住所がソフトバンク光の提供可能エリアか確認をしましょう。

全国に対応しているためほぼほぼ大丈夫だと思いますが、稀に開通するまでに時間を要するエリアにあたることがあります。

2.移転手続きに必要な情報を揃える

移転の申し込みをする前に、下記の情報を用意しておきましょう。

  • S-ID、パスワード(ソフトバンクから発行されています)
  • 引っ越し先の住所
  • 引っ越し日、退去日
  • 本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証など)

あらかじめ準備しておくことで手続きをスムーズに進めることができます。

3.引っ越し手続きを申し込む

ソフトバンク光の移転申し込みは、「WEB上のマイページ」「カスタマーセンターへの電話」「ソフトバンクショップ」のいずれかで可能です。

WEB上のマイページ

WEBのマイページサービス『My SoftBank』で手続きを行います。

『認証ID(S-ID)』と『パスワード』でMy SoftBankにログインしたら、利用場所を変更するだけで手続きが完了するため、この方法が最も簡単でおすすめです。

カスタマーセンターへの電話

電話で手続きしたい方は、ソフトバンク光のカスタマーセンターに連絡しましょう。

ソフトバンク光 カスタマーセンター
電話番号0800-111-2009(通話料無料)
受付時間10:00~19:00(年中無休)

音声ガイダンスに従って進むとオペレーターに繋がるので、移転したい旨を伝えてください。

ソフトバンクショップ

ソフトバンクショップで手続きをする場合は、「来店予約」をしてから向かいましょう。

ただし、スマホのお客さんも多く混雑も予想されるため正直あまりおすすめではありません。

WEBか電話でサッと終わらせるのが楽です。

4.回線撤去と新居での開通工事を行う

引越し前の住所でこれまで使っていたソフトバンク光の撤去工事をします。

※撤去は必須ではなく希望者のみ

次に新居での開通工事を行います。

工事には基本的に立ち会いが必要なので、当日はしっかり予定を空けておきましょう。

5.各種機器を接続して利用開始

開通工事が終わったら、前住居から持ってきた各種機器を接続・設定します。

無事にインターネットに繋がったら移転完了です。

もしも配線や設定がうまくいかない場合は、ソフトバンクが提供している『らくらく配線ツール』を活用してください。

移転手続きの進捗はMy SoftBankで確認可能

  • 申し込みしたけどまだ連絡がこない
  • 機器はいつ頃届くのか不安

このようにソフトバンク光の移転手続きがどこまで進んでいるか気になる時は、My SoftBankにて進捗を確認することができます。

また工事日の変更や移転手続き自体のキャンセルも、工事日4日前までならMy SoftBankにて可能です。

ソフトバンク光を移転する際の注意事項

最後に、ソフトバンク光の移転手続きに関しての注意事項をいくつかピックアップして紹介します。

  1. 回線の撤去は必須では無い
  2. 光電話の番号が変わる可能性がある
  3. 移転先でホワイト光電話が継続できない場合がある
  4. ソフトバンク光がエリア外になる可能性がある

1.回線の撤去は必須では無い

ソフトバンク光の撤去工事は任意で、希望した場合のみ無料で行われます。

賃貸住宅やマンションの場合は必ず光回線の撤去をしなければならないと思っている人も多いですが、これも建物の管理人やオーナーから原状回復を指示された場合以外は不要です。

引っ越しの時は管理会社と頻繁に連絡を取るでしょうから、その時に光回線を撤去する必要があるか念のため確認しておくといいでしょう。

2.光電話の番号が変わる可能性がある

現住所で光電話を利用している場合、引っ越しによって電話番号が変わる可能性があります。

そもそも固定電話番号はNTT基地局の管轄によって決まっているため、例えば別の管轄エリアに引っ越してしまうと番号を引き継ぐことは原則できません。

したがって、電話番号を変えたくないという方は注意が必要です。

3.移転先でホワイト光電話が継続できない場合がある

ホワイト光電話
引用:エヌズカンパニーキャンペーンサイト

『ホワイト光電話』は、ソフトバンク同士の通話が無料になる、特にソフトバンクユーザーにメリットが大きい電話サービスです。

実はこのホワイト光電話、提供できるエリアが限られているんです。

そのため、現住所ではホワイト光電話が使えていたのに、引っ越し先ではエリア外で使えないということも起こりえます。

移転先でも使えるか事前に確認しておきましょう。

4.ソフトバンク光がエリア外になる可能性がある

移転手続きにおける大前提は、引っ越し先がソフトバンク光の提供エリアであることです。

ソフトバンク光はフレッツ光回線を利用しているため、全国47都道府県に対応していますが、一部エリア外の場所もあります。

申し込みの前に必ずエリア確認はおこないますが、万が一引っ越し先がエリア外だった場合は、当然のことながらその時点でソフトバンク光の移転手続きはできません。

また、エリア内であっても建物の状況によっては光ファイバーが使えない・引き込めないケースもあり、申し込みはできても工事ができないということもあります。

ソフトバンク光が契約できない時は、残念ですが別の回線を検討してみましょう。

まとめ

ソフトバンク光を引越し先で継続するメリットや、移転手続きの具体的な方法・注意点などを解説してきました。

最後にもう一度おさらいしておきましょう。

ソフトバンク光を移転先でも継続するメリット
  1. おうち割光セットの割引を継続できる
  2. 移転先での開通工事費が無料になる
  3. 使い慣れた接続機器をそのまま利用できる

ソフトバンク光の移転手続きはWEB・電話・ショップにて簡単にでき、『お引っ越し工事費無料キャンペーン』で工事費も無料になります。

新居でスムーズにインターネット環境を整えるためにも、早めに行動して余裕をもって移転手続きを行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました