ソフトバンク光はNTT回線!フレッツ光との違いや転用について解説

ソフトバンク光はNTT回線!フレッツ光との違いや転用について解説ソフトバンク光

あなたは「インターネット回線」と聞いてまずどこの会社を想像しますか?

おそらく「NTT」が浮かんできた方が多いと思います。
「車」と聞いて「トヨタ」を想像するのと同じようなものですね(笑)
巷のインターネット回線は、そのほとんどがNTTから回線を借りて提供されているもので、ソフトバンク光もそのうちのひとつになります。

NTTという巨大組織の回線を使うことで、ほぼ全国地域をカバーできるからなんですね。

また、NTTフレッツ利用者は同じ回線なのでソフトバンク光にそのまま転用することもできるんです。

今回は、インターネット回線事業者としてのNTTとソフトバンクがどのような関係なのか、そしてNTTフレッツ光からソフトバンク光への転用について詳しく解説します。

フレッツ光からソフトバンク光へ転用する際、あとはどこで申し込むかが重要になります。
あなたはどこで申し込もうか決めていますか?
まだ、決まっていないなら下記の記事をご覧ください。
下記の記事ではソフトバンク光の申し込みにおすすめの窓口を厳選して紹介しております。
「代理店にだまされなくない」「キャッシュバックが欲しい」そんな方はご活用ください。
ハズレのない窓口を選びましたので満足いただけると思います。

おすすめ窓口
\失敗したくないならこの窓口!/

ソフトバンク光=NTT回線

まず大前提として、ソフトバンク光はNTTフレッツ光と同じ回線を利用して、インターネットサービスを提供しています。

では、なぜソフトバンク光はNTT回線を使っているのでしょう?

その理由は、ソフトバンク光が光コラボレーション事業者のひとつだからです。

光コラボレーションは独自の回線を持たない会社が、光回線の提供を行うために、NTTからフレッツ回線を借り受けて提供するサービスです。
現在600社以上の会社が光コラボレーション事業者としてNTT回線を利用しているんですよ。

ソフトバンク光とNTTの関係

ソフトバンク光はNTTから回線を借りて提供していますが、NTTは東日本と西日本に分かれており、実は別会社なんです!

つまり、ソフトバンクはNTT東日本とNTT西日本の2社から回線を借りていることになりますね。

考えてみれば当然です、もしソフトバンクがNTT東日本からしか回線を借りなければ西日本に住んでいる方はソフトバンク光が使えなくなってしまいますから(笑)
ソフトバンク光はNTT東日本とNTT西日本の両方で日本全国ほとんどの地域をカバーできます。

ソフトバンク光とNTTの関係まとめ

ソフトバンクはNTTと提携してソフトバンク光を提供しているのではなく、回線を「貸す」「借りる」の関係と言えます。

ソフトバンク光でNTTの機器(モデム)が利用される理由

ソフトバンク光でNTTの機器(モデム)が利用される
ソフトバンク光でNTTの機器(モデム)が利用される

ソフトバンク光を契約するとインターネット接続で利用する光回線の開通工事が行われますよね。この工事が終わるとNTTのロゴが入った機器が設置されます。

この時、

ソフトバンク光を契約したのになんでNTTの機器があるの?

と疑問に思った方は少なからずいるはずです。

これは前項でも説明したように、ソフトバンクがNTTの2社から回線を借りて提供しているため、利用する機器もNTTから借りたものが設置されるという仕組みだからです。

NTT機器について

NTTの機器はONUといい、光回線を自宅に繋ぐためには絶対必要なものです。
ONUは別名「光回線終端装置」や「モデム」とも呼ばれ、光回線を通ってきた光信号を、パソコンなどで利用できるデジタル信号へと変換してくれる装置なんです。

ソフトバンク光の光BBユニットと、NTT機器の関係

ソフトバンク光を利用するにはONUというNTT機器が必要ですが、複数のパソコンでWi-Fiを利用してインターネット接続を行うためには、ONUの他に「ルーター」が必要です。

この「ルーター」ですが、ソフトバンク光を契約した大半の方は「光BBユニット」を利用することになるはずです。

「光BBユニット」と「ONU」をつなぐことで複数の端末でインターネットが利用できるようになります。LANケーブルでつなぐだけなので簡単ですよ。

ソフトバンク光の光BBユニットと、NTT機器の関係まとめ
  • ONU(NTTからレンタルされる機器)→ネット接続に不可欠
  • 光BBユニット(ソフトバンク光からレンタル)→複数の端末でWi-Fiを使うために不可欠

ソフトバンク光がNTT回線を利用する際のデメリットとメリット

では次に、ソフトバンク光がNTT回線を利用するデメリットとメリットは何でしょうか?
それぞれ見ていきましょう。

ソフトバンク光がNTT回線を利用する際のデメリット

ソフトバンク光がNTT回線を利用する際のデメリット
ソフトバンク光がNTT回線を利用する際のデメリット

ソフトバンク光が利用するNTT回線は、フレッツ光ユーザーはもちろん、全国で600社以上ある光コラボレーション事業者のユーザーも利用しています。

「フレッツ光ユーザー」と「光コラボレーションユーザー」が一斉にNTT回線からアクセスすることになるので、インターネット利用者が増える夜間や週末は回線が混雑しやすくなってしまうんです。

フレッツ光や光コラボレーションの回線速度の評価があまり良くない口コミを目にするのは、NTT回線が混雑しやすくつながりにくいのが原因と言えるでしょう。

ソフトバンク光がつながりやすくなる対策法

ソフトバンク光のデメリットであるNTT回線のつながりにくさには、「光BBユニット」をレンタルし、「IPv6接続」をおこなうことで解決できます。

光BBユニットを使えば、最新の通信規格である「Ipv6 IPoE + IPv4」の技術を使ったインターネット接続ができるようになり、通信が安定することで、スムーズで快適なインターネット通信ができるんです。

ソフトバンク光がNTT回線を利用する際のメリット

ソフトバンク光がNTT回線を利用する際のメリット
ソフトバンク光がNTT回線を利用する際のメリット

ソフトバンク光がNTT回線を利用する際のメリットは2点あります。

  1. ソフトバンク光はNTTの対応エリアが広い
  2. ソフトバンク光は転用で費用が抑えられる

ソフトバンク光はNTTの対応エリアが広い


NTT回線は東日本と西日本を合わせると日本の95%以上の人口カバー率を誇ります。使えるエリアが広いことが何よりの武器なんですね。

ソフトバンク光もフレッツ光と同じNTT回線を利用するので、提供エリアの広さも受け継いでおり、基本的には全国どこでも契約できるのが最大のメリットです。

ソフトバンク光は転用で費用が抑えられる

フレッツ光を契約している方は、同じNTT回線を使うソフトバンク光に契約をそのまま移行する「転用」ができます。

転用すると工事不要でソフトバンク光へ乗り換えることができ、回線はNTTのままです。
さらに、フレッツ光は自動的に解約となりますが違約金などはかかりません。

ただし、NTTフレッツ光で契約していたプロバイダの違約金や、キャンペーンに対する契約解除料、転用で配線方式が変わった際の工事費などは請求される可能性があります。

詳しくは次項で説明していきますが、とにかく費用が抑えられると思ってください。

NTTフレッツ光からソフトバンク光への転用について

NTTフレッツ光からソフトバンク光への転用
NTTフレッツ光からソフトバンク光への転用

では、NTTフレッツ光からソフトバンク光への転用について説明します。
先程も言いましたが、NTTフレッツ光からの転用は基本的に工事無し・違約金無しでできるので費用が抑えられます。
加えて、ソフトバンクスマホを使っていればセット割引なども適用できるので、月額料金も抑えられておすすめです。

しかし、転用には注意するポイントもいくつかあるのでチェックしておきましょう。

NTTフレッツ光からソフトバンク光への転用は工事が不要だが残債は請求される

もし、NTTフレッツ光の初期工事費用の分割払いが残ったまま、ソフトバンク光へ転用した場合は、工事費用の支払いが無くなるのではなく、未払い分がそのまま引き継がれます。

どういうことかと言うと・・・
フレッツ光の初期工事費を一括払いではなく分割払いにしていた場合、例えば24回払いならフレッツ光の契約から2年経たずに転用するとまだ払い終えてない分がありますよね?

その分がソフトバンク光の料金とは別にNTTから分割で請求され続けるということです。

フレッツ光からソフトバンク光への転用はNTT機器はそのまま使える

NTTフレッツ光契約時に、ONUやホームゲートウェイなどの機器をNTTからレンタルしていた場合は、ソフトバンク光に転用後もNTTの機器をそのまま利用できます。
もうわかりますよね?利用する回線が同じだからです。

ちなみに、フレッツ光から請求されていたレンタル機器の代金もソフトバンク光がそのまま引き継ぎ、ソフトバンクから請求されるかたちになります。

フレッツ光からソフトバンク光への転用はNTT電話番号が引き継ぎ可能

電話番号については、現在利用中のものがNTTのアナログ発番・光発番にかかわらず、転用すればソフトバンクの光電話(N)にそのまま引き継ぐことができます。
電話番号が変わらなくていいのは非常に便利ですよね。

※たまに、光発番の番号は引き継げないという記事を目にしますがあれはウソです!NTTの回線自体を丸っと別の回線に入れ替えてしまうともちろん引き継げませんが、転用は特別なのです。

NTTフレッツ光からソフトバンク光への転用はNTTオプションがほぼ引き継ぎ可能

NTTフレッツ光で使っていたオプションについては、ソフトバンク光に転用する際、特に解約などしなければ基本的にそのまま引き継がれます。料金も変わりません。

そもそも転用というのは、回線を丸っと乗り換えるのと違い、NTT提携の光コラボレーション事業者に契約を移行することによって、インターネット環境を変えずに利用者へ割引などで還元するためのものです。
なので転用にあたって不都合がないようにソフトバンク光に転用してもNTTのオプションは、基本的に引き継ぐことができるんですね。

ただ、注意していただきたいのが、オプションの提供元です。
転用後のオプションは、「ソフトバンクからの提供に切り替わるもの」と、「NTTが継続して提供するもの」に分かれます。

NTTフレッツ光からの転用でソフトバンク光の提供に切り替わるもの

  • ひかり電話
  • フレッツテレビ
  • リモートサポートサービス
  • 無線LAN
  • ホームゲートウェイ

どれも利用者の多いオプションですね。ソフトバンク光では名称が変わることもあります。
例えばフレッツテレビは、ソフトバンク光では「ソフトバンク光テレビ」になります。

フレッツ光の転用でNTTが継続して提供するもの

NTT東日本/西日本共通でNTTが継続して提供
  • @ビリング
  • フレッツ・スポット
  • セットアップサービス
  • 光☆DUETTO
  • フレッツ・セッションプラス
  • 050IP電話対応機器(IPフォン)
  • フレッツ・VPNワイド/ゲート
  • 電報
NTT東日本のみ継続して提供するもの
  • フレッツ・ミルエネ
  • フレッツ・あずけ~る
  • フレッツおでかけパック
  • 光ポータブル
  • フレッツ・ウイルスクリア(V6含む)
NTT西日本のみ継続して提供するもの
  • PC省エネサポート
  • フレッツ・まとめて支払い
  • 光ポータブルLTE
  • ひかり機器保証
  • 光ソフト使い放題
  • セキュリティ機能ライセンス・プラス
  • セキュリティ機能まるごと
  • Webフィルター

まあたくさんありますが、これらのオプションはソフトバンク光に転用してもNTTが継続してサービスを提供するので、もし不要な場合はNTTに連絡して外しちゃいましょう。

NTTフレッツ光からソフトバンク光へ転用するとサービスが終了するオプション

NTT東日本/西日本共通でサービスが終了するオプション
  • フレッツまとめて支払い
NTT東日本のみサービスが終了するオプション
  • フレッツメンバーズクラブ→※ポイント失効注意
  • フレッツマーケット
  • 光ソフト使い放題
  • 光iフレーム2
  • 光ステーション
NTT西日本のみサービスが終了するオプション
  • Club NTT WEST※ポイント失効注意
  • セキュリティ対策ツール

上記のように転用するとサービス提供が終了するオプションがあります。
ただ、そのほとんどはNTTフレッツ光の利用料金を確認したり支払いするためのオプションです。光コラボレーションでインターネットを使う上で継続する必要が無いので提供が終了するわけですね。

また、NTTフレッツ光からソフトバンク光に転用すると、フレッツメンバーズクラブとClub NTT WESTのポイントが失効してしまうので、転用の前に所持ポイントを確認し、ポイントが貯まっている場合には消化しておきましょう。

NTTフレッツ光からソフトバンク光へ転用した場合の請求について

NTTフレッツ光からソフトバンク光に転用したにもかかわらず、NTTから請求が来ている方いらっしゃいませんか?
これは何も不思議なことではなく、前述の通りソフトバンク光へ転用する前にNTTフレッツ光で契約していたオプションをそのまま継続して利用する場合はNTTから請求があります。

まとめ

今回は、インターネット回線事業者としてのNTTとソフトバンク光がどのような関係なのか、そしてNTTフレッツ光からソフトバンク光への転用について解説しました。

まとめ
  • ソフトバンク光は、NTTの回線を借りて提供する光コラボレーション事業者のひとつなので、利用する機器も同じ
  • NTT回線は、利用者数が多いので回線速度が遅くなりがちだが、エリアが広く、どこでもソフトバンク光は申し込める
  • 転用することで費用や月額が抑えられる上に、NTTの電話番号やほとんどのオプションの引き継ぎができる

ソフトバンク光は光コラボレーション事業者なので、フレッツ光と同じNTTの回線を利用しています。

NTT回線を使うことで、ほぼ日本全国どこでもインターネットサービスを提供できますが、NTTフレッツ光やその他の光コラボレーションのユーザーが同じNTT回線を使うので、夜間や週末はつながりにくいというデメリットもあります。

しかし、転用に関してはNTTフレッツ光の解約金や工事が無いので費用を抑えられますし、レンタルしているNTT機器もそのまま使えます。
電話番号やほとんどのオプションは転用しても引き継げるので、まだNTTフレッツ光を使っている方は迷わず申し込むのがおすすめです!

フレッツ光からソフトバンク光へ転用するには、当然ながら申し込みが必要です。ただ、ソフトバンク光の窓口はたくさんあり、どこで申し込もうか迷ってしまいませんか?そこでソフトバンク光の申し込みにおすすめの窓口を紹介します。高額キャッシュバックが簡単な手続きでサクッと手に入りますのでぜひお役立てください。

\失敗したくないならこの窓口!/

ソフトバンク光の申し込みにおすすめの窓口3選

ソフトバンク光の申し込みにおすすめの窓口を概要だけ掲載します。お時間のない方は下記の概要を参考にしてください。
また、詳しく知りたい方は「ソフトバンク光の申し込みにおすすめの窓口詳細」をご覧ください。

正規代理店
エヌズカンパニー
おすすめ度:★★★★★5
簡単申請で受け取り忘れの心配なし!
高額キャッシュバック 37,000円

 

正規代理店
NN コミュニケーションズ
おすすめ度:★★★★4
最短で高額キャッシュバックを受け取りたい方に
キャッシュバック 38,000円

 

公式
Yahoo! BB
おすすめ度:★★★★★3
公式ならではの信頼感!
キャッシュバック 35,000円

 

タイトルとURLをコピーしました